漫画アプリ編集長が選ぶ、2017年に1500冊読んだ中でおもしろかった漫画24選

f:id:coromonta:20171231041141j:plain

こんばんは。コロクです。「漫画のセレクトショップ」というコンセプトの漫画アプリ・マンガトリガーの編集長として、いろんなことをしています。

 

もうすぐ2017年も終わり。今年は公私共に漫画にまみれ、おそらく人生で初めて新旧1500冊くらい漫画を読みました。お陰でWebメディアでのオススメ漫画レビューやトークイベント登壇など、色々新しいこともやらせていただいているのですが、まだまだ紹介したい作品は山ほどあります。

www.buzzfeed.com

www.huffingtonpost.jp

 

そこで、せっかくこれだけ漫画を読んだので、作品たちへの恩返しの意味も込めて今年読んでおもしろかった漫画を改めて24作選んでみました。

 

【面白かった漫画: 恋愛編】

1)ルポルタージュ
 舞台は2033年の日本。マッチングアプリやSNSが一般化し、恋愛がマイノリティになった社会を生きる男女の物語。乾いた毎日を送っているように見えた主人公・青枝聖の「ずっと誰かを愛したいと心の中で渇望していた」という言葉が印象的で、当たり前にしてきたはずの「恋愛」というものを改めて考えさせられる傑作。打ち切り後移籍先が決まって一安心です。

  

2)悪魔を憐れむ歌

『コオリオニ』や『高3限定』といったBL漫画家として知っていた梶本レイカ先生の新作。本格クライム・サスペンスでBLじゃないけど、男性の描き方がセクシー過ぎる。

 

3)潜熱

コンビニでバイトするフツーの女の子がヤクザに恋をした話。「禁断の恋」系はどうしてこうも興味をそそるのでしょうか。

 

4)来世は他人がいい

春の呪い』で「このマンガがすごい!2017」(オンナ編)2位にランクインした小西明日翔先生の新作。こちらは、大阪ヤクザの娘がちょっと頭がおかしい東京ヤクザの息子(婚約者)に惚れられ、迫られる物語。ヤクザものの恋愛漫画、最近人気なのかな。

【面白かった漫画: 深く考えさせられる系】

5)月曜日の友達

奇才・阿部共実先生の新作。中学生の多感な時期に抱える秘密って、ワクワクしました。大人の会談を登り始める水谷茜と月野透の緊張感のある関係は見ていてハラハラします。

 

6)BEASTARS

オンラインでもオフラインでも、今年あらゆるところで激推しした作品。肉食・草食動物たちの特徴を捉えつつも、微妙にステレオタイプを壊そうとする(あるいはそのステレオタイプに葛藤する)感情の機微に心を揺さぶられました。

 

7)北北西に曇と往け

アイスランドで探偵業を営む17歳の少年のお話。まだまだ謎が多く、先が気になるところ。

 

8)昭和天皇物語

日本国民にとって精神的に近く、物理的に遠い天皇という存在。この漫画は、そんな謎多き昭和天皇を「一人の人間」として捉え、出会いや別れ、怒りや哀しみなどを描いた秀作です。

【面白かった漫画: 泥沼・破滅系】

9)零落

浅野いにお先生、相変わらずこじらせてるなぁー。そう思いつつ、こうした主人公のような人生にちょっと羨ましさを抱いてしまう自分もいる。なんというか、破滅に向かう人に吸い寄せられちゃうんですよね。

 

10)世界で一番、俺が○○

失恋ショコラティエ』の水城せとな先生がイブニングで連載している作品。幼馴染三人が一年懸けて不幸自慢を競い合うという物語だが、後半になればなるほど加速度的に泥沼化していて、今かなりおもしろい。僕はこのゲーム、したくないなぁ。

 

11)ロッタレイン

こちらもBEASTARSよろしく公私共に激プッシュしていた作品。しかし圧倒的に女性に受けが悪かった…。しかし、アラサー男子だったら、「自分がこの境遇にいたら…」と想像するだけでゾッとするし、そんな中でこんな女の子が登場したら大変なことになる気持ちわかりますよね。ね?

 

12)血の轍

出ました。僕的こじらせ漫画大賞受賞作。押見修造先生は『惡の華』が大好きなのですが、本作も狂気じみてて嫌な汗が出てきます。間違いないです。

 

13)中学聖日記

かわかみじゅんこ先生は、実は『パリパリ伝説』というエッセイ漫画で知っていたので、本格的な物語を描かれた本作を見て驚いた。何か、中学生と大人の恋愛も流行ってるんですかね。

【面白かった漫画: ミステリー系】

14)夢で見たあの子のために

僕だけがいない街』の三部けい先生の新作。それだけで「ミステリー」としての安心感があるのは僕だけでしょうか。そして第一巻を読んで、更に期待感が増しました。超楽しみな作品の一つ。

 

15テセウスの船

タイムスリップもののミステリー。それこそ、『僕だけがいない街』に近い空気感がありますが、違うのは主人公が過去に戻っても子どもにならないのと、行き来できないこと。こちらはこちらで重厚なミステリーの空気感があり素敵です。

 

16)マイホームヒーロー

『ロッタレイン』『BEASTARS』に次いで、こちらもめちゃくちゃおもしろいと絶賛して回った作品。「愛する娘のために、父は殺人を犯し、完全犯罪を目論む」という、非常に刺激的な物語。しかも、お父さんはミステリーオタクだから死体の隠蔽工作が得意!人は意外と簡単にダークサイドに堕ちるのかもしれない……そんなことを考えさせられます。今年の新連載で個人的に一番おもしろいと思った作品です!

 

17)東京卍リベンジャーズ

新宿スワン』の和久井健先生のマガジン連載作品。こちらもタイムリープもので、忘れられない過去の過ちを正すために、ひょろいヤンキーが暴走族総長を目指すという物語。おもしろいです。

【面白かった漫画: ファンタジー系】

18)約束のネバーランド

このマンガがすごい!2018」オトコ編で堂々一位になった本作。少年ジャンプでたまに発生するダークファンタジーの極みみたいな作品ですが、物語も骨太で超おもしろい。最近一気読みしたけど、正直『Dr.STONE』よりもハマりました。

 

19)アリスと蔵六

『ぼくらのよあけ』の今井哲也先生の作品。絵があまり得意じゃないんですが、アニメ化されていたのと、過去作がおもしろかったので購入したら、まぁおもしろい。浮世離れした少女たちと頑固爺の組み合わせは結構ウルウルきちゃいますね。

 

20)終極エンゲージ

こちらも最近まとめ買いして読んだ作品。アプリ漫画って軽いものが多い印象(あくまで印象)ですが、最近は本当におもしろい作品が増えてきました。終極エンゲージはその代表例のようなものです。ジャンププラスで連載中の王道バトル漫画、必見です。

【面白かった漫画: 仕事・才能】

21)BLUE GIANT SUPREME

圧倒的熱量でJazzを描くのがこの作品。前作『BLUE GIANT』の衝撃的なエンディングから程なくして、前作以上に覚悟と責任を背負い込んだ宮本大の等身大のカリスマ性に嫉妬と畏怖の念を感じます。これからもっと盛り上がることを期待。

22)はじめアルゴリズム

モーニングで第一話を読んで、「あ、これいい」と瞬時に思った作品。老齢の数学者が片田舎で土に数式の落書きを書いていた少年に、数学者としての才を見出したところから始まる物語。若い世代に自分のなし得なかった夢を託すというシチュエーションはグッと来ます。

 

23)ダンス・ダンス・ダンスール

「バレエ」が題材というだけで少し遠ざけていたのですが、ジョージ朝倉先生は変わらずカリスマを描く天才でした。カリスマを描くくせに、結構つまずくし、一筋縄ではいかない感じが凄くいい。熱量も相変わらずで、ジョージ朝倉おそるべし…!

 

24)左ききのエレン

Webメディア「cakes」で連載が始まり、ネット上で話題が爆発した熱血ビジネス漫画。圧倒的熱量がこの漫画の魅力です。ジャンププラスでリメイク版が連載され、いよいよ第1巻が発売。「天才になれなかったすべての人へ」というメッセージに胸が締め付けられる……。仕事でくすぶっている人にこそ読んでほしいです。

 

僕にとって、漫画は手のひらサイズの社交場です。漫画で人と対話し、漫画で人を知る。普段出会えないような人たちが、漫画の中にはたくさんいます。2018年も、沢山の漫画と沢山の登場人物と出会えるのを楽しみにしています。

それではみなさん、良いお年を!